Lingerie Talk @ Lingerie Press vol.7

『KRISS SOONIK』デザイナー クリス・ソニックさん(前編)

「APでは、限られた予算内でブランドイメージをコントロールすることの大切さを学んだわ

ランジェリー界で活躍する方々のルーツ、ポリシー、そして夢を語って頂く、「Lingerie Talk @ Lingerie Press」。今回はイギリスブランド『KRISS SOONIK』の創設者でありデザイナーであるクリス・ソニックさんにインタビューを敢行。彼女のビジネスパートナーであるネットリビングの蜂谷嘉子さん、本サイトのディレクターである薦岡摩梨奈も交え、まるでガールズトークのような取材になりました。

エストニアでビジネスを学んだ後に渡英。興味があったのは、デザインよりビジネス。

川原好惠(以下、川原):今回は何回目の来日ですか?

クリス・ソニックさん(以下、クリス):6回目の来日よ。今回は西武渋谷店と阪急うめだ本店でトークショーが予定されているし、日本のスタッフとイメージビジュアルの撮影もやるの。日帰りだけれど、大阪にいくのは初めてだからすごく楽しみ。明日から西武渋谷店でポップアップストア(現在は終了)がスタートするから、今夜は設営に行くのよ。日本に来るといつも大忙しだけれど、とても楽しいし充実しているわ。

川原:デザイナーになるまでの経緯を教えていただけますか?

クリス: エストニアで生まれて、大学で国際ビジネスについて学んだ後、22歳でイギリスへ渡り、ロンドンカレッジオブファッションに入学したの。ファッションデザインについてもベーシックなことは学んだけれど、主なのはマーケティング。もちろんファッションに興味はあったけれど、私はもともとアーティスティックな人間ではないし、デザインやドローイングよりビジネスやマーケティングに興味があったのよね。

川原:卒業後は、まだ、創設者であるジョセフとセレナがいた「AP(Agent Provocateur)」で働いていたんですよね?そこでは何を学びましたか?

クリス:APには、マーケティングアシスタントとして入社したの。あの頃は、会社のスタッフ全員が家族のような雰囲気だったわ。いろんな刺激を受けたけれど、ブランディングすることの大切さを学んだことが一番大きかった。どうやってメディアと接し、ブランドイメージをコントロールしていくか。ジョセフとセレナはセレブリティの友達がたくさんいたこともあって、メディアによく取り上げられていたけれど、プロモーションにかける予算は限られていたの。その限られた予算の中で、いかに効果を上げるか。それは、自分のブランドを立ち上げた時に、とても役に立ったわ。

2_seibushibuya

西武渋谷店ランジェリー売場横でのポップアップストア。館全体のテーマである「Noir」を、『KRISS SOONIK』らしくランジェリーとアウターの融合”Multifunctional”(多機能)で表現。

デビューコレクションから続く「KRISS SOONIK」のシグネイチャーとも言うべき、スーザンボディ。世界中でコビーされたほどの人気アイテム。トップだけのスーザントップは現在、日本だけの限定販売。

 
趣味で作ったランジェリーがSNSを通して広がり、ブランドがスタート

川原:なぜ自分のブランドを立ち上げようと思ったのですか?

クリス:高校時代は数学と化学が得意科目だったから、化学者になることも考えていたくらいで、実はデザイナーになることを長年夢見ていた...というわけではないの。働きながら、趣味で自分が着たい服やランジェリーを作っていて、ごく親しい人が集まるパーティでお披露目したの。たった15点のミニコレクションという感じね。それをあるブロガーが取り上げてくれて、今度はそれを見たランジェリーブティックから「興味があるから、プライスリストを送って欲しい」と連絡が入って。もちろん、販売するつもりはなかったから、それから大慌てでリストを作ったのよ。それがきっかけとなって、2009年にブランドがスタートしたの。定番のスーザンボディは、この時に生まれたものよ。それからは、生地の調達、生産、出荷、ペーパーワーク、キャッシュフロー……と目まぐるしい日々。始めの2年は、もう忍耐あるのみだったわ(笑)。

次号(12/1公開予定)では、日本で販売するようになったきっかけ、これからデザイナーを目指す方々へのメッセージなどをお聞きします。お楽しみに!

 

クリスが思う「日本のCOOLなチーム」でのシューティングが実現。ヘメメイクアップアーティストのSACHIKOさんの指揮のもと、フォトグラファーに永瀬沙世さん、スタイリストに歌代ニーナさん、モデルには水原佑果さんを起用。Kriss Soonikガールの東京クリスマスストーリーが完成しました。

関連記事

  1. Lingerie TALK vol.18『スロギー』

  2. Lingerie TALK vol.20 『トリンプ』

  3. Lingerie TALK vol.24『PRISTINE』

  4. Lingerie TALK vol.12 『ワコール』

  5. Lingerie TALK vol.37 『Wacoal』

  6. Lingerie TALK vol.36『Chut! INTIMATES』

  7. Lingerie Talk @ Lingerie Press vol.5

  8. Lingerie Talk @ Lingerie Press vol.3-2

PAGE TOP