桜色の春ランジェリー

ようやく春が訪れて、私たちにピンク色の世界を一時だけ夢見させてくれる桜のシーズン。

あっという間に咲き乱れて、その完璧な美しさを名残惜しむ様子を見せることもなくあっという間に散りゆく桜は、日本らしさの象徴だなあとつくづく感じる。

このシーズンになるとどこかで桜色を身の回りのものに取り入れてみたくなるのは日本の女性なら誰もが感じることなのかも。

私は最近は優しい色が気分のようで、AKIKO OGAWA. LingerieのSEDUCTIONのNUDEカラーのシームレスブラとショーツがきになる。

いわゆるベージュではなくて、NUDEカラーに合わせているのは桜色のうっすらピンク色のレース。

薄着になる季節に何かと重宝するベージュカラーのランジェリーでも、やっぱりとりあえずのベージュでは女たるもの質が落ちる。(と、私は考える)

下着こそ妥協しないで、ちらっと覗いてしまった瞬間でも美しい下着を纏っている女性でいたい。それが子供が産まれた後でも、子育てが終わった後でも。
でも洋服と沿わない突拍子もないランジェリーではやはりスタイルがないというもの。

洋服を引き立てるシルエットでありつつ、女性らしさを感じさせてくれる上質なランジェリーという贅沢なランジェリーは存在するわけで。

その上、40歳までそろそろカウントダウンとなってくると、身につけるとなんだか老けて見えるデザインのランジェリーってあって、(本来は年相応なのかもしれないけれど)いやいや私は体のシルエットの低下とは別にまだ若々しい気持ちでいるのよ、と思うとき、ヤングなブランドはもちろん自分のスタイルからはつけられないけれど、大人でありながら老けさせないデザインのブランドから選ぶべき。

そんな中でAKIKO OGAWA. Lingerieのこちらはレースを忍ばせたモールドブラが薄着の季節に万能でありながら、

さらに私が長年探し続けていたパーフェクトなストラップレスブラであるということ!

シリコンが付いていなくて、カラーレスで、上質で、退屈すぎなくて、大人の甘さと洗練されたスタイリッシュさがあって。。。

 

そんなわけでともかく私のサイズの入荷を待ちわびているのです。

AKIKO OGAWA. Lingerieは渋谷西武のポップアップは4月3日(月)まで(その後も売り場にあります)、伊勢丹新宿店は4月19日(水)から5月2日(火)まで。

https://www.aolingerie.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

director 薦岡 摩梨奈

director 薦岡 摩梨奈

外資金融を経て、商社にて輸入ランジェリービジネスに携わる。イタリアファッションアクセサリーブランドのMD, PRESS業をした後、独立しイタリアを中心としたインポートランジェリーブランドの総代理店業務、コンサルティング、プレス、ライティングなど幅広く携わる。ランジェリーに特化したフリーコンサルタントとして活動中。

関連記事

  1. Lingerie Girls Night Out!!

  2. Exhibition

  3. Taiwan

  4. LA PERLA 2017 FALL RTW NEW YORK

  5. London

  6. 3月15日&16日 大阪にてランジェリー合同展「BOUQUE ブーケ」開催

  7. 桜とランジェリー。

  8. Renewal Open !

PAGE TOP