そもそも私のサイズがない!という真実

こんにちは。横尾です。

私がレディスインナーウェアの
ブランドマネージャーをしていた時、
接してきた下着に対する女性の声は
数千件をゆうに超えます。

「こんなデザインがいい!」

「こんなタイプのブラがほしい!」

などなど、皆様の声に答えようとメーカーは
ものづくりをするのですが、
現在の日本においてそもそものことなのに
ぽっかり空いた大穴の一つがこれ。

「大きいサイズのブラがない!」

とくに大きいカップの65アンダーなんて
探すのに一苦労どころか

探してもない…!というレベル。

(自分のサイズがそもそも作られてない
というのはほんとうにつらい…)

たとえあっても選べるほどないし
デザインが…。。という
わかる人にはわかるあるあるネタなのです。

そもそも、、
ブラはサイズに合わせて買うわけですから
サイズはニーズとしてはNo.1に君臨する
超ビッグニーズ。

にも関わらず、
相対的な人口比率の少なさからくる
効率の問題もあってか
大手メーカーは軒並み敬遠しがち。

そして、
人口の多いBCDサイズあたりに企画が集中し
逆にそのサイズエリアは種類も豊富、
レッドオーシャン化してたりします。

そんな大きいサイズのみにフォーカスした
期待のブランドが登場しました。
今回はインタビューも交えてご紹介します。

Eカップからのランジェリーブランド「ivvy

ivvyは自分にフィットするサイズの
品数がない事が理由で、
アンダーウェアのおしゃれに
妥協をしてしまっていた女性のために”
をコンセプトにスタートアップした
Eカップからのランジェリーブランド。

同社代表の原田奈津美さん自身が同じ理由で
いつも下着選びに悩まされていたそうで、
一念発起して立ち上げたブランドです。

原田さんはモデルとして活動する傍ら、
その思いを企画化し、
TOKYO GIRLS COLLECTIONにおいて開催された、
ビジネスアイディアオーディション
「Win Girls Project」でグランプリを受賞。

株式会社Tiedeurを立ち上げ、
昨年Eカップからのランジェリーブランド
ivvy」をスタートしました。

原田さん
「私自身、日本ではなかなかサイズが見つからず、
見つかっても可愛いと思えるものがなくて…。
結局海外で買い溜めするしかなかったんです。

きっと同じ思いをしている女性がいるはず、
可愛い下着がいつでも手に入れられたら、
それだけでほんの少しでも笑顔になってくれるはず。
そんな思いをベースに開発しました。」

もう、同じ悩みをもつ女性からしたら
全力で頷ける思いですよね。

もちろんランジェリーに対しても
悩みに合わせてのこだわりが。

原田さん
「国産生地+日本縫製にこだわり、
いいものにするために
職人さんと時には口論になりながらも
作りあげました(笑)

大きなサイズならではの工夫として、
ストラップやアンダーの幅や仕様に
こだわったりするのはもちろん
シンプルなモールドのタイプでも
ストラップとワイヤー部分の
サテンの色をマッチングしたり、
アンダー部分を素敵なレースにしたり…」

原田さんがこだわりを持ってつくったシリーズは
現在2シリーズ。(それぞれ2色展開)

シンプルなモールドカップのタイプと、
サテン地のレーシーなタイプ。

どちらもショーツのデザインもこだわっており、
タンガもあります。

原田さん
「まだ立ち上がったばかりのブランドですが、
気に入っていただいた方は複数枚購入して
いただいたりと、着実にファンになって
いただける方が増えているのを感じます。

Instagram、Facebook、LINE@にて
キャンペーンを始め情報を配信しているので
見ていただければうれしいです。」

世の中には確実に必要なのに
訳あって世の中にないものは
登場した時に知っている人が情報をシェアして
一人でも多くの必要としている人の耳に届けることが
困っている人にとってありがたいことだったりします。
それが、お悩み解決、そしてブランドの継続にもつながりますから。

これを読んだ皆様も
是非その輪に加わっていただけると
世の中が”かゆいところに手が届く”サービスに
溢れたいい方向に変わるかもしれません。

http://ivyy.tokyo/

Yusuke Yokoo

Yusuke Yokoo

大手電機メーカーを経たのち、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社にて複数のランジェリーブランドのブランドマネージャーを歴任。コンフォート下着のブームの先駆けとなった「スロギー ゼロフィール」など数々のヒットを生み出した。男性としては珍しい、「インティメイト・アドバイザー」の認定資格を持つ。現在は『料理』を中心とした事業に注力する傍ら、ランジェリーの素晴らしさを広める活動をしている。

関連記事

  1. Paris

  2. Taiwan

  3. ランジェリーは何処へ行った?

  4. LA PERLA 2017 FALL RTW NEW YORK

  5. Autumn Lingerie Diary

  6. JINS Shibuya Opening Party

  7. パリ国際ランジェリー展の前にプラハ入り。

  8. ランジェリーの明日。

PAGE TOP