Aunn Magazine

先日、バラのドライフラワーと一緒に素敵なパッケージのギフトが届きました。

 

中身はガーリーなランジェリーマガジン、Aunn Magazine.

コンセプトは

『お気に入りのランジェリーを纏い、鏡の前で繰り広げる秘密の時間。

誰にも言えない妄想は私だけのもの。秘密が私をまた特別にする。

あなただけの新しいランジェリーストーリーを、作ろう。』

 

ランジェリーを愛してやまない一人の女性、TOMMYがディレクションした125ページからなるガーリーランジェリーマガジン。

気鋭のフォトグラファー、藤井由依、Vivienne mok撮影によるグラビアのほか、 スウィーツアーティスト KUNIKAによるスウィーツページ。

Fifi chachnil , Miss crofton他、ランジェリーデザイナーたちのインタビューを掲載。

こんなランジェリー雑誌を作りたいとお話を聞いてから、足掛け2年ほど?でしょうか。たくさんの努力と働きかけをされて、めでたく発行となられました。

P.111にてパリ国際ランジェリー展について私も書かせていただいております。

現在はオンラインショップから購入可能なようです。

いろんなランジェリーの捉え方があって素敵だなと思います。私がその頃代理店をしていたイタリアのランジェリーブランド、Xo Luxoryのアクセサリーも、美しいページにスパイスを加えていて嬉しい限りです。

 

 

AUNN MAGAZINE

https://aunn.stores.jp

 

director 薦岡 摩梨奈

director 薦岡 摩梨奈

外資金融を経て、商社にて輸入ランジェリービジネスに携わる。イタリアファッションアクセサリーブランドのMD, PRESS業をした後、独立しイタリアを中心としたインポートランジェリーブランドの総代理店業務、コンサルティング、プレス、ライティングなど幅広く携わる。ランジェリーに特化したフリーコンサルタントとして活動中。

関連記事

  1. (株)MARIE(神戸マリー)2018春夏コレクション展示会開催致します。

  2. Archives_

  3. 3月15日&16日 大阪にてランジェリー合同展「BOUQUE ブーケ」開催

  4. イタリアランジェリーの本質。

  5. Chut! INTIMATES POP UP SHOP @IWATAYA

  6. ランジェリーはヨーロッパの伝統文化。

  7. Archives_

  8. そもそも私のサイズがない!という真実

PAGE TOP