仏ビジューランジェリー Maki Marie、仏Cervin社とのコラボアイテム、シルクランジェリーを日本WEB SHOPにて通販開始

フランス発のビジューランジェリーMaki Marie(マキ・マリー)
8月1日 期間限定日本語通販webサイトオープン

フランス・リヨンを拠点とするランジェリー・コスチュームジュエリーブランドMaki Marie(マキ・マリー)は、8月1日に期間限定日本語通販webサイトをオープンします。

 

ランジェリー、アクセサリーデザイナー、Maki Nishikawaは両親がプレタポルテのブテイックを営む滋賀に生まれました。また6歳にして、フランスへ留学しデザイナーになる事を夢見て京都芸術短期大学のファッション科を卒業後渡仏、リヨンSUPDEMODのランジェリー科を卒業しました。

2008年末、フランスのリヨンでMaki Marieブランドを設立。2011年からパリ国際ランジェリー展に出店。ランジェリーのようなビジュー/ネックラインのランジェリーをコンセプトとしたビジューランジェリーはフランスマダムにも大変ご好評をいただいております。 「ネックブラ」はシャンタル・トーマスにMaki Marie唯一のオリジナリティ溢れる作品だと絶賛されました。

 

また、フランスのLejaby社のデザイナーとしての経験を活かし、現在、Cervin社とのコラボレーションアイテムとして、同社初のシルクのランジェリーデザインを手がけ、Maki Marieのオリジナルチョーカーとペアリングを提案しています。

このたび、デザイナーMaki Nishikawaの一時帰国に伴い、期間限定でオープンする日本語通販サイトでは、Cervin社の伝統技術による縫い目のない100%シルクランジェリーとMakiMarieの1点ものビジューランジェリーを購入することが可能です。

Maki Marie 日本語通販サイト:  https://makimarie.theshop.jp/
オープン期間:8月1日~31日
連絡先: maki.marie@gmail.com
Facebook: https://www.facebook.com/maki.marie
Instagram: https://www.instagram.com/makimariebijoux

director 薦岡 摩梨奈

director 薦岡 摩梨奈

外資金融を経て、商社にて輸入ランジェリービジネスに携わる。イタリアファッションアクセサリーブランドのMD, PRESS業をした後、独立しイタリアを中心としたインポートランジェリーブランドの総代理店業務、コンサルティング、プレス、ライティングなど幅広く携わる。ランジェリーに特化したフリーコンサルタントとして活動中。

関連記事

  1. 新年明けましておめでとうございます

  2. AKIKO OGAWA. Lingerie 2017春夏オンラインショップ発売

  3. 各ブランドより2017秋冬コレクションが公開

  4. 英Agent Provocateurの共同創始者Serena Reesが新ブランド Les Girl…

  5. rutileとPuntoeの展示販売会~9月22日(木)〜25日(日)~

  6. Eカップからのランジェリーブランド『ivyy』スタート

  7. 2017パリ国際ランジェリー展出展日本ブランド

  8. ラペルラ・ニューヨークファッションウィークをライブ動画で配信

PAGE TOP